Company

Company

会社概要

  • 社名
    川合デザイン 有限会社
  • 所在地
    〒106-0032 東京都港区六本木6-12-2-1507
  • 資本金
    400万円
  • 代表者
    川合 鉄也
  • 事業内容
    • 新商品開発計画・企画・立案
    • C.I及びB.I計画の企画・立案
  • 従業員数
    4人 (平成25年6月)
  • 設立
    平成4年3月
  • 1979
    武蔵野美術大学 芸術学部 基礎デザイン学科 卒業
  • 1979―1982
    (株)平沢・リー&ヤング
    • タカナシ乳業(株)C.I.計画及びパッケージデザインにおけるB.I.計画の開発
    • ポッカコーポレーション、フクトク相互銀行、ゼットコーポレーション等のC.I.計画開発参加
  • 1982―1992
    (株)ザ デザインアソシエイツ
    • (株)明電舎、スズデングループ、武藤工業コーポレーション、武田薬品工業、(株)朝日新聞サービスアンカー、恵比寿ガーデンプレイス等のC.I.、V.I.計画の開発
    • ニチバンのパッケージデザインにおけるB.I.計画の開発
    • ヱスビー食品(株)、明治製菓、明治乳業、上野凮月堂、ネッスル日本、中外製薬(株)等の商品開発及びパッケージデザインの開発
  • 1992―現在
    川合デザイン(有)
    • ブルドックソースのB.I.計画に参加。メイン商品のラベルデザインを担当
    • ドコモショップV.I.計画開発に参加。マニュアル化を担当
    • よみうりランド(株)、(株)ぐるなび、(株)しんしん、(株)マインマート、新生銀行 PLATINUM、Feems等のC.I.、V.I.計画の開発
    • (株)明治 キシリッシュ、ヱスビー食品(株) カレー曜日、中外製薬(株) バルサン等ヒット商品のパッケージデザイン開発
  • 入賞/受賞/その他
    • 日本タイポグラフィ年鑑 入選(1990年、1991年、1992年、1993年)
    • (社)日本印刷産業連合会長賞/XYLISH(2005年)
    • (社)日本印刷産業連合会長賞/バルサンSPジェット(2005年)
    • (社)日本印刷産業連合POP部門賞/バルサンゴキゼロワン(2005年)
    • 日本パッケージデザイン年鑑/入選多数
    • (社)日本パッケージデザイン協会 会員
  • スタッフ
    • 代表取締役
      川合鉄也
    • シニアデザイナー
      美濃篤
    • デザイナー
      奥田拓
    • デザイナー
      都倉聖司

Kawai Design でスタイルを設定しましょう

生産される製品の数と作業の質は、会社で働く人の数に依存するだけではありません。 すべてのメンバーのチームワークと協力にまで及びます。 しかし、実際には従業員の必要性がある場合もあります。

しかし、 Kawai Design では、会社では 4 人しかいない場合でも、自分たちを証明することができました。

会社

川合デザイン株式会社は、 1992 年 3 月から市場で大手ブランドを扱う 4 人の従業員で構成される控え目な会社です。 そのほとんどは、新製品の開発、パッケージング、企業およびブランドのアイデンティティ設計に重点を置いています。

印象的なのは、会社では 4 つしかないが、市場では認識できる多くの製品やデザインを作り出すことができたことです。

資本金 400 万円からスタートしました。 現在の場所に達するために多額の資金が必要になります。 実際は、また危険を取ること恐れていれば本当の実業家でないことを示す多くの人々がある。

株式会社カイデザインは、東京都港区六本木 6-12-2-1507 に位置しています。 すべてが始まった場所。 彼らの努力と成功を目撃した場所。

会社が開発および設計した製品および会社の一部を次に示します。

  • XYLISH/ キシリス
  • グルナビ
  • Xanax Pro
  • Profec
  • 明治プディングスーパービッグ
  • Cablecast
  • 読売ランド
  • 篠崎
  • メイデン
  • マインマート
  • 若葉信用金庫
  • 武藤
  • ミコマ
  • 武田薬品工業株式会社

代表者

河合デザイン代表、アートディレクターは川合哲也。 彼は基本的な設計を学んだ武蔵野美術大学の誇り高い卒業生である。 卒業直後から芸術・マーケティング分野でキャリアを続け、リー&ヤング平澤株式会社やデザインアソシエイツ株式会社などと仕事をしていました

また、ポッカ、福徳相互銀行、 Z Corporation の企業アイデンティティデザインにも参加しました。 また、高梨乳製品(株)、明治製菓、明治製菓、上野龍月、ネスレジャパン、中外製薬(株)、日商包装のブランドアイデンティティデザインチームの一員でもあります。

彼のすばらしい才能のために、彼が彼のキャリア中に受け取った賞のいくつかはここにある :

  • 1990 年、 1991 年、 1992 年、日本タイポグラフィ年鑑に選定 および 1993
  • 2005 年に日本印刷工業会長賞を受賞
  • 2005 年に日本印刷産業連合会会長賞を受賞
  • 2005 年、日本印刷工業会 POP カテゴリ賞を受賞

スタッフ

河合哲也以外にも、 水野淳はシニアデザイナーとして、奥田卓と徳浦誠司は、ドラフトされたデザインの仕上げに手を使っている 2 人のジュニアデザイナーです。